九州地区本部

出会いに感謝

 下関の西部公民館で、明るく大らかな井関先生のもと、10人強の会員で楽しくやっています。
入会のきっかけは、常々猫背を矯正したいと思っていた折に、町内の方に「セラバンドを使って体操すると姿勢が良くなるよ」
とのお誘いを受けた事でした。教室では顔見知りのご近所の方ばかりで、すぐに溶け込む事が出来ました。
先生はとてもパワフルでチャーミング、話題も豊富でぐんぐん引っ張って下さり教室に笑顔が絶えません。
若者向けのリズミカルな踊りやサンバに、気持ちがあっても身体がついていけないことも多々ありますが、
楽しくてあっという間の2時間です。昨年秋の文化祭には12年振りの出演、セラバンドを使っての「愛燦々」、
鳴子を打ち鳴らしての「ブギダンス音頭」です。ブギダンスはリズムが速いので何度も練習を重ねその甲斐あって、
緊張のある中自信を持って一糸乱れず楽しく演じ終えると拍手喝采でした。文化祭出場という出会いに、目標を持つ事が出来、
生徒間の絆が一層深まり、今年の発表会に向けて頑張ろうと連帯感が強まりました。85歳で20周年を迎える先輩もいらっしゃいます。
まだ満2年の私には遠い道程ですが、真の美と健やかさを求めて、仲間の皆さんとともに体操を続けて行きたいと願っています。
出会いに感謝 。

北九州支部
井関教室 竹村加代子

素敵な仲間

 ぼたんの花が雨に打たれて可愛想なので傘をさしてやりました。今年の春は、例年になく冬が寒かったせいか、桜もパッと咲いて満開になり、春の嵐であっという間に散ってしまいました。
 桜の季節には色々な出会いがありますが、私も真美体操と出会って12年目に入りました。お陰様で健康もそれなりに維持出来ており嬉しく思います。先生や仲間の皆さんに出会ったことで、笑顔で楽しく体操が出来る事に喜びを感じています。思いがけない人と、本当に何10年振りかで再会したりせっかく知り合いになって別のサークルでボケ防止と思い、一緒に励まし合って学んでいた彼女との突然の別れ、あんなに元気の良かった人が…
「身体には自信がある、病気などしたことはない」と言っていたのに不幸が…。信じ難い現実に涙し、人生とはこんなにもあっけないものなのか。人間って何と弱い生き物なんだろうとつくづく思い知らされました。
 私も悔しかったけれど、ご本人、ましてやご家族の方には、言葉に出来ない程の悔しさや悲しみがあったかと思うと心が痛みました。
 私達サークルにも年々若い方が入会されて、新しい出会いがありとても嬉しいことです。でもその分私自身が歳を重ねていくということに寂しさも感じますが一日一日を大事に、これからも健康の為に励んで行こうと思います。
 素敵な仲間との出会いに感謝 「あなたがいてありがとう」

熊本支部
宮田教室 山田郁代

Whole New World

 私がダンスを始めたのはかれこれ5年くらい前、友人に声をかけてもらい、おもしろそうだからと軽い気持ちで参加したのがきっかけです。
 これから私がダンスに出会って広がった新しい世界について紹介します。 まず「ダンス仲間」です。声をかけてくれた友人から始まり、先生に出会い、そして仲間に出会い、新たな人間関係が広がりました。何度も振り付けを練習したり、同じ目標に向かって、これまでも多方面にわたり支えてもらってきました。内弁慶な私にとって彼女たちの存在はとても大きく、踊ることの大変さや喜びを一緒に分かち会えることが出来る大切な仲間です。

 次に「ダンスは楽しむものということです。大人になってからダンスを始めるのは意外と勇気がいるものです。
 華やかなイメージが強いだけにあこがれの意味を込めて、私には絶対無理だと思い込んでいました。でも、音楽に合せて体を動かすことをダンスというならば、年齢、性別、国籍を問わず、誰でも、楽しむことが出来るというのがダンスの一番の魅力ではないでしょうか。ダンスの出来はどうあれ、踊り終えた後は、本当に言葉に表せないほどの達成感に満たされます。これがクセになるのです。先生のダンスは、踊ることが本当に好きだということが伝わってきます。
 どんなジャンルの曲でも、細かい振り付けまで音をめいっぱい使って、ていねいにそして豊かに表現します。と同時に、決して技術だけを追求するのではなく、踊ることそのものを楽しんでいる姿が私にはとても素敵に映りあこがれます。
 まだまだ学ぶことがたくさんありますが、これからもいろんなジャンルに挑戦し楽しむことを忘れずダンスを続けていきたいです。

愛媛支部
中須教室 井上かおり