福岡地区本部

私の目標は

 私は福岡地区本部4期生の古川と申します。 私はナイスレディ教室と国立と民間の精神病院の患者さんのレッスンを約30年間しています。


 病院では高齢者、男性閉鎖女性閉鎖と自由に出入り出来ない病棟の患者さん達が対象です。国立病院では多くの看護学生が実習にやってきますが、真美体操の時間は、付添っている患者さんと一緒にレッスンを受けてもらっています。時には実習の看護学生よりも、教官の方が熱心にレッスンを受けていただいている事も多々あり、思わず私も力が入ります。患者さんや看護学生達には、特にダンス、手話ソング、指遊びが好評です。 昨年の国立病院の音楽祭では、女性閉鎖病棟の患者さんによる「花は咲く」「ルージュの伝言」が賞を戴きました。


 また、昨年10月より国立病院では、外来患者さんの「集団認知リハビリ」が開設され、プログラムに真美健康体操が採用されました。担当医から「お手玉遊びや指遊びは楽しく、セラバンドでは体を鍛え、真美体操は私の理想です」と賞賛の言葉をいただきました。今後の私の目標は、もっと病院のレッスンを増やし、患者さんの健康づくりのお手伝いをする事です。
 全国のインストラクターの皆さま、一緒に頑張りましょう



福岡地区本部 インストラクター 古川可津美