福岡地区本部

幸せをありがとう!

水郷柳川は城堀を巡る川下りが有名ですが、童謡を創った詩人北原白秋の故郷でもあります。また大関琴奨菊関、リオ五輪競泳バタフライ銀メダリストの坂井聖人選手が活躍されており又、うなぎのセイロ蒸しや有明海の海苔も絶品です。


 このような環境の柳川に転居して6年、何事もなく過ごしておりましたが、2年前のある朝、ベッドから降りようとしたら手足に力が入らず立てなくなり、病院で脳梗塞と告げられた時には頭はまっ白。歩ける様になるか不安でいっぱいでした。でも絶対に歩いてみせると自分に言い聞かせ、治療とリハビリに集中しました。
 発声、発語の訓練に耐え、杖を使って歩ける様になった時には本当に嬉しかったです。しかし道路を歩くリハビリが始まった途端に段差や坂が思う様に歩けず、この時程普通に歩ける事がいかに幸せかを実感しました。そしてリハビリに専念、杖を使っての退院で不自由を感じながらも、日常生活が出来る様になりました。


 そんな時真美体操へ誘って頂き、不安はありましたが体験に行きました。 私より年上の方が笑顔で元気に体操されている姿に圧倒されました。椅子に座ってのカノンは腰や膝にやさしく、立ち上がってのバランスやストレッチは、体力の低下している私には魅力的でした。お手玉や指を使った脳トレは指の力がない私には理想的な体操でした。
 さっそく「花阿蘇美(ハナアソビ)」に入会、お喋りが大好きで笑いが絶えないサークルです。また体操の時に流れる曲も大好きで、癒されています。この一年間先生や仲間に温かく支えられて、まだふらつきはあるものの体力も増してきました。今はイベントなど誘って頂き色々な体験をしながら幸せな時間を過ごしている自分が夢のようです。


 今年9月でサークルは一周年を迎えます。先輩方が色々と企画して下さってるのでとても楽しみにしています。大いに笑い、体操が終ったあとの気分はスカッと爽やかで、今日も元気で良かったと幸せを感じながら帰路につきます。


 素敵な先生と仲間に巡り会い、本当に良かった!「ありがとう」健康のバロメーターの真美体操はこれからも続けて行きます。

野村教室 山下由美子