日本体操祭とは

 健康の基本的な運動である一般体操の目的は、あらゆる年代を問わず、健康づくり、体力づくり、仲間づくり、楽しみづくりなどを目的とした生涯スポーツを理念とし、日頃の練習成果を発表する場として「日本体操祭」が開催されています。
 演技者が集い、観客と共に演技者も観客の立場となり、すばらしいパフォーマンスを鑑賞する機会を、参加者だけが楽しむのではなく、観ても感動出来るものとして、一般体操の素晴らしさと楽しさを再確認する体操祭になっています。

 この大会は、4年毎に行なわれている世界体操祭「ワールド・ジムナス・トラーダ」へと続いています。参加条件には7項目の高い基準があります。「演技内容が独創的、律動的、総合性、あるいは指導的な内容をもち社会的に高い評価を得ている事。特にオリジナリティーのある一般体操の演技内容である」等...1995年「第10回ドイツベルリン大会」から参加しています。

 2019年7月「第16回オーストリアドーンビルン大会」に参加しますが、これは関東地区の皆さんが長い間毎年「日本体操祭」に参加して下さっているお陰なのです。