各地区行事報告 2017年6月~2018年1月

福岡地区本部

ソフトバンク優勝祝賀パレードと同じ日程となった平成29年11月26日(日)、福岡市南体育館競技場に於て「真美の集い2017ハヤクリパーティー!」を行いました。
 渋滞を心配する中、10時からの受付開始には多くの来場者でいっぱいに・・・・・。
 ファンファーレと共にスタートしたボードダンス。何が始まるのかな?。とワクワクのオープニングから笑顔の渦となりました。サンタ、ツリー、スノーマンの登場で会場いっぱいに広がった皆さんは落ち葉のカノン、ラジオ体操でウォーミングアップ。ジュニア会員、インストラクター、SSGによるダンスパフォーマンス。

 そしてベンチャーズから始まりなつかしい選曲でゲスト出演の「ジョニーズ」さんによる40分間のバンド演奏で会場は大盛り上がり、アンコールで最高潮。
 また「風船アート夢バルーン会」の皆さんにもご協力頂き、クリスマスらしい飾り付けで会場が華やかに...。
 たくさんのアートバルーンの魅力にひかれ、お土産に頂く風船に並ぶニコニコ顔の子供達は長蛇の列。一緒に参加した兄弟、姉妹児達も思いっきりはじけて遊んでいました。

 参加された皆様からは「会長のパワーで元気をもらい、心もカラダもあったかく、気持ち良くなりました」と言う感想を頂き、仲間の温かさや優しさを改めて感じる事が出来た集いでした。


集い実行委員長 阿部登茂子

平成29年10月7日、第14回福岡県体操祭が九電記念体育館にて開催されました。今回はAチーム(インストラクター&会長)31名、Bチーム(ジュニア&一般会員&インストラクター)187名で参加しました。

 出演No.21、Bチームは「みんながみんな英雄&グイグイ」を会長のリードにより、会場の皆様を巻き込んでの演出となり、大きな笑顔が広がりました。ラストでは187名による「幸せのお・す・そ・わ・け♡」を会場いっぱいに届けました。
 No29、Aチームは手話を交えた「糸」を披露、絆の大切さを踊りに込めました。昨年の7月には、九州北部豪雨という災害に見舞われました。何が起こるかわからない昨今、この「糸」の様に縦糸、横糸の繋がりを強く感じられた時でもありました。

 ラストは生徒さんにお手伝い頂き、みんなで力を合わせて、三色の大きな布で素晴らしい布を織りなしました。これからも縦糸、横糸になりながら、絆をつむいでまいります。

インストラクター 上原 澄子

九州地区本部

2017年6月10日、旧大連航路上屋にて、北九州支部の集いを行いました。立花学園高等学校校長、斎藤真人先生をお迎えして講演会を行いました。不登校生徒、自立支援の教育方針のもと「心の癒し」に重点を置いた教育実践が大きく注目を集めて「ビーバップハイスクール」のモデルになった学校です。
 感動したり、泣いたり、笑ったり、長いと思った80分があっと言う間に過ぎました。「両手に抱えきれないほどの大きな幸せより、手のひらサイズの小さな幸せ」をいっぱい知っている方が幸せに近いような気がします。

 「頑張らなくてもいいんだよ」は魔法のことば...。いっぱいいっぱい素敵なお話を聞かせて頂きました。
 会員の皆さんからは、もっと早く聞きたかった、また機会を作って下さいと言われています。こんな勉強会もいいなあと思いました。

北九州支部 支部長 池田 真澄

私と真美体操の出会いは四十代半ばの頃、体調を崩し健康回復の為に友人に誘われ始めました。お陰様で徐々に元気を取り戻し、十年程、週一回の体操を楽しく続けております。

 今回平尾先生から、熊本地震復興祈念熊本支部つどいに参加のお話があった時「舞台で踊るなんて絶対に無理」と思い悩みました。というのも、元々緊張しやすい性格に加え更年期で体調に不安があったからです。
 でも教室の優しく頼もしい仲間の皆に「大丈夫だからみんなで頑張ろう」と励まされ、先生からの「少しくらい間違えても大丈夫。楽しんで踊りましょう」との声に背中を押され、覚悟を決めました。

 それからは皆で何回も何回も練習を重ね時にはヘトヘトになりながら、時には大笑いしながら頑張りました。そうして完成したダンス「WAKAWAKA」です。
 当日先生方や他の教室の生徒さんの素晴らしいダンスの数々を拝見して緊張しましたがいざ舞台に上がりライトを浴びて音楽がかかると、自然に体が動き笑顔でみんなと楽しく踊ることが出来ました。
 遠方より駆けつけてくれた友人達や、スタッフとしてサポートして下さった九州各県の先生方からの「頑張ってね」や「良かったよ」のご声援も大変うれしく励みになりました。

 最後に今回のつどいに携わって下さった皆様に心より感謝申し上げます。

熊本支部 平尾教室 川田 尚美


「もってこーいもってこーい!!」ホテルの会場に何度も大きく響き渡る長崎ならではのアンコール。会長はじめ盛り上げて頂いた参加者皆様の思いに応え、たった4人のインストラクターで「真美烈伝」を踊りました。

 2016年福岡サンパレスでの「35周年祝賀会の感動を再び」という大きなテーマを胸に、昨年7月2日長崎で祝賀会を行いました。とにかく来て頂いた方々に「楽しい時間を過ごして頂こう」と、真美魂を奮い立たせ、インストラクターそれぞれが得意分野を活かし協力しながら準備を進めてきました。

 オープニングの「糸」でしっとりと。お食事の後は「雨の御堂筋」でかっこ良く。パロディー抽選会では「アレ・アレ・アレ」と「買物ブギ」を取り入れ、インストラクターの小芝居、マツコデラックスの登場に会場は笑いの渦に。 
 会長と司会者の絶妙な会話のやり取りも見事でコンビ誕生!! 温かい空気の中抽選会が行なわれ、出番待ちの私達にもワクワク感が伝わってきました。

 何があっても優しくご指導下さった杉本先生、音響担当で影の大きな力になって下さった境先生、そして家族の協力、心から感謝しています。

 今回の祝賀会で「楽しく大切な時間を皆様と共有出来たこと」「真美のインストラクターであることの喜び」を再確認出来ました。  これからも頑張れる言葉。「もってこーい!もってこーい!」

長崎支部 支部長 佐久間 美恵子

沖縄地区

昨年11月23日に行なわれた「真美健康体操協会沖縄地区合同パーティー」には、会員の皆様はじめ多くの方々にお越し頂き、歓びと感動の中、無事終える事が出来ました。本当にありがとうございました。

 ウエルカムダンス「みんながみんな英雄」でパーティーがスタート。「ディスコタイム」にドキドキ、ワクワク、「お楽しみ抽選会」で会場は大盛り上がりです。

 ショータイムでは、インストラクターによる「千本桜・買物ブギ・糸・雨の御堂筋」と舞台を楽しんで頂きました。なかでも古希祝いに「紅型衣装」を着た会長の登場は、歓声とわれんばかりの拍手で、会場がいっそう華やかになり、会長を囲んでの記念撮影も笑顔にあふれていました。

 終了後、参加して下さった会員の方々から「良い思い出になりました」「抽選会でのプレゼント、ありがとうございました」等、嬉しい言葉を頂きました。

 真美を通じて多くの人に出会い、感動が生まれます。これからも真美の魅力を、感動を広く伝えたいと思います。


沖縄地区 支部長 新垣 末子