世界体操へ

 今年7月にオーストリアドーンビルンで開催される世界体操祭に私は20年ぶりに参加することになりました。

 真美としても初参加したドイツ・ベルリン大会は、すべてが初めてだったので、毎日が感動、ワクワクドキドキの連続だった事を思い出します。
 4年後のスウェーデンイエテボリ大会にも参加し、それ以来という事です。

 この20年の間には自分の回りの環境の変化もあり、母の介護、身体の故障や研修会もなかなか受けられない日々等々いろいろありました。
 更に昨年母が他界し心身共に落ち込んでいた時に、ふと目にした東日本大震災後に発行したフレッシュアップ真美での山崎会長の「絆」と題した記事の中に
「私たち真美はこれからもみんなで笑い汗して健康な心と身体で元気に歩いて行きたい・・・」の言葉が・・・。

 「そうだ私もずっとこういう気持で向き合ってきたんだ。よし気持を切り換える為にもワールドへ行こう !! 」とスイッチが入り、20年ぶりの参加という流れに至ったのです。
会長に感謝、元気の源である教室の生徒さんに、いつも暖かい仲間に、そして家族に、感謝感謝です。

 今回の作品は日本の夕べが「We Will rock you」ホール演技が「仮面ライダー」「If we hold on together」関東は「千本桜」を演じますが、何と言っても20年前と同じようにキレのある動きができるかどうか少々不安ですが、世界の人達との交流を楽しみながら頑張ってきます。

 たくさんのお土産話を持ち帰れるように行ってきます。

関東地区本部
千葉支部 インストラクター
井上慶子