元気な笑顔の大きな渦

真美健康体操協会 会長 山崎 比呂真


 2019年・新生日本「令和の年」。
 待ち望んだ東京オリンピック・パラリンピックを目前に控えワクワクする年。
確実に日本の記憶に残るこの年に、真美が創立40周年を迎えられるなんて、
「真美は何かを持っている・・・」
自画自賛と言われても感謝と感動と感激の気持ちをいっぱい込めて今は大声で叫びたいです。

 『真美の皆さん おめでとう!』

 『真美の皆さん ありがとう

 「誰かにリーダーとしてタスキを渡したい」そんな弱気な思いがなかったとはいいませんが、

『私がみんなのリーダーであってもいいのかな?』
『自分の知る世界をみんなに押し付けていいのかな?』

との思いは常にまとわりついていました。
 
 しかし、そんな思いとは裏腹に体は勝手に動き続け飛び回っていました。
 何故なら、みなさんの元気な笑顔の大きな渦の中で、いつも幸せな気分でいられたからです。

 時代が真美を必要としてきた事も大きいかと思いますが、今日まで続けさせていただいている事に深い意義と意味があるのだとも感じています。
 無事に40年間×365日、1万4千600日を迎えようとしています。
 明日は何が起こるかもわからない今の時代、だからこそ自分を信じて体と心を前向きに膨らませ、今のこの時だは豊かに過ごしましょう。これから先もみんなで居心地の良い真美に成長させていきましょう。

(創立20周年目の時、溢れ出る喜びの中で浮かんだ言葉を、40周年目を迎える今、もう一度書かせて下さい)

 強く生きる事・・・
 楽しく生きる事・・・
 そして何よりも
   心豊かに生きる事・・・