各地区イベント参加報告

関東地区本部

会員さんに感謝!! 埼玉体操祭


 埼玉体操祭は春は一般体操演技発表会、秋は県民総合体育大会の一環として開催されています。
 
 私たち関東地区のインストラクターは会員さんと一緒に2012年から参加しています。参加チームは20チーム前後と規模は大きくはないのですがジュニアの新体操、大人のジャズダンス、ベリーダンス、太極拳、女子高生のチアダンスと多彩です。その中でも独特なのが我が真美チームです。

 観客の方の反応はとても良く拍手の数はいつも一番多いです。今までに好評だったのは〝ナウザットファウンドラブ〟〝御利益〟〝和ヲ〟そして〝買い物ブギ〟でした。
大会役員の先生方から「いつも楽しみにしていますよ」と言って頂いてます。

 今年5月26日に開催される体操祭では、毎回参加してくださる会員さんの希望もあり〝ウィウィルロックユー〟に挑戦します。
 この新聞が発行される頃には終わっていますがきっと拍手喝采間違いなしです。いつも参加してくださる会員のみなさんがいて出演できる埼玉体操祭です。
 本当にありがとうございます。そしてこれからも会長には、他では見られない楽しい振り付けと楽曲を伝授して頂けるようお願い致します。

 私たちインストラクターと会員のみなさんが永遠に輝いていけるよう努力し、それを維持していきましょう。

東京東横浜支部
インストラクター 松井利栄子

安くておいしいものを買えました?

福岡地区本部

仮面ライダー参上


 皆さん、ご存知でしょうか。2018年中旬頃から日本各地に、正義の味方、あの仮面ライダーBLACK RXが出現している!!と言うウワサを。これは都市伝説?いえ…そうではなかったのです。

 時は2019年1月20日。佐賀県諸富文化体育館にてついにその姿を捉える事に成功しました。
  モノトーンのロックなライダースーツに身を包み、手には鋲付きのグローヴ、そして動く度に大きく揺れる赤く長い長いマフラー。会場のどよめき。チビッ子達は興味津々。大きく膨らんだ客席の期待をパワーにし、時折おこる笑いを味方にして、総勢14名の仮面ライダー達は、キレのあるリズミカルな動きを披露。 この世の平和を守る使命を達成し、走り去って行きました。

 佐賀県体操祭では、真美チームは多大なる信頼を頂いての、毎年恒例トップバッターでの登場です。幅広い年齢層、様々なジャンルのチームが出演するこの体操祭のポリシーは "ALL O・K"。「そのままのあなたでいい」と言う、真美の理念とリンクしています。
 身体を動かせば、心が動く。皆さん、共に毎日を「いいかげん」でまいりましょう!!

 あ、そうそう・・・「2019年7月にオーストリア出張がある」と仮面ライダーが去り際に言ってました(笑)

インストラクター 松下千恵

本物の仮面ライダーは誰だ!!

九州地区本部

フロアスポーツ フェスティバル


 2月10日、西彼総合体育館にて、「フロアスポーツフェスティバル」が行われました。出演後は参加者全員で「はいしんびー♡」のかけ声で全員にっこり。素敵な笑顔の写真が撮れました。
 しかしこれには少しばかりのドタバタ劇があったのです。

 例年11月に開催されていたこの大会、会員さんと一緒に「大脱走のテーマ」、そしてインストラクター4人で玉すだれを使った「ふり袖ハネコマ」を踊ろうと決めて張りきっていましたが、案内が来ないので練習を中止していました。
 ところが年明けに2月開催との連絡が入りビックリ! 急なことなのでインストラクターのみで出演することに決めていました。
 しかし2週間前に会場を見て、あまりの広さに到底4人だけでは真美の良さが伝わらないと痛感。急遽有志をつのり練習を再開し会員さん10人の賛同を得たのは本番4日前のこと、快諾してくれたことに本当に感謝です。

 遠い島原からも参加していただき、全員揃ったのが本番当日のみ。それでも青・ピンク・緑・ゴールドのキラキラ輝くお手玉が会場に舞い上がり、きれいに咲いた玉すだれの花に大きな拍手を頂きました。

 大会本部の方からお褒めの言葉を頂き、会員さんからも充実した笑顔がこぼれました。
福岡からも杉本先生が来て下さりパワーを頂きました。
 「一致団結すれば短い時間でも成し遂げられる、参加して良かった」と実感した一日でした。

長崎支部
支部長 佐久間美恵子

頑張った 15の笑顔

笑顔溢れた交流会

 平成30年12月2日(日)、別府パストラルホテルに於て「真美健康体操協会創立40周年プレ交流会in大分」が開催されました。
 福岡・北九州・熊本のインストラクターの応援もあり会場は参加者で埋め尽くされました。

 オープニングはインストラクターの「We Will Rock You」、ユーモアたっぷりの松原先生の司会で第一部が開幕しました。
 10・20周年の会員さんには会長から感謝状が贈られ、その後に語られた会長の「真美40年の歴史」の熱い思いは、みんなの心に深く届きました。
 続いてインストラクターやキッズの演技を楽しんで頂き、最後はキッズの「USA」で大盛り上がり、更に特別ゲストの黒龍武術団による変面・軟体芸・武術は息を飲む素晴らしい演技で拍手喝采で一部が終了しました。

 二部は会場を移動して円卓でのお食事に舌つづみ、会員によるハーモニカ演奏、ひょっとこ踊りが華を添えてくれました。
ビンゴゲームでは会場中が一喜一憂し笑顔が溢れて宴は最高潮でした。

 「あなたがいてありがとう」の曲が流れると応援のインストラクター全員が会員さんに向かって手話をしてくれて、会場の皆さんと温かい心の交流が出来ました。

 これからも真美を通じて素敵な仲間とお付き合いを続けたいと思います。
いつまでも「あなたがいてありがとう♡」の感謝の気持ちを大切に!!

大分支部
支部長 楢橋 恵子

変面にみんなビックリ

北陸地区本部

よさこいを通して


 富山でよさこい祭りが始まってから20年が経ちました。観光振興課から突然の電話「よさこいされませんか?」

 今でこそポピュラーになったよさこいですが当時は「何それ?」だったため、その夏は、よさこい富山祭りを観に行きました。そこで衝撃をうけてしまうのです。踊り子皆がとにかく楽しそうで笑顔が輝いている姿。観ている観客も一緒にワクワクしている姿。
 プロでもない子供や大人達が、踊りを通して会場を一体にして盛り上がっていました。これを体感し、「これは真美の仲間とやるしかない」と決意したのでした。

 若くして天国へ旅立ってしまった富山真美の第一人者である森原先生への想いを込めてチーム名は「真美流星乱舞群」と致しました。流れ星に願いを乗せて、命輝く地上の星となれとの想いを胸に。

 あれから早、19年が経とうとしています。
 今では富山を代表する人気チームとして、6月能登よさこい祭り(和倉温泉街)7月新潟県柏崎市どんGARA祭り、8月よさこい富山祭り、そして2015年からは明治神宮奉納原宿表参道元氣祭スーパーよさこいにも全国より選抜約100チームの仲間入りをし、精力的に、しなやかで艶やかな真美をPRしながら演舞させて頂いています。

 真美を通して出会った仲間たちと共に、地域を富山を日本を明るく元気にしたい !!との熱き想いを胸に、これからも富山真美は頑張り続けます。

 尚、「真美流星乱舞群」でユーチューブを検索すると、演舞がご覧頂けます。


北陸地区本部
富山ブロック長 増本 衣規

真美流星乱舞群の仲間と