関西地区本部

還暦からの自由なスター

fresh_cara03.jpg「皆さんごきげんよう。私達は還暦から90歳までのメンバーで、毎日イキイキ、キラキラ輝きながら、真美体操を続けています。イケメン男性もたくさん参加しています。」このナレーションとともに私達の〝大空と大地の中で〞が始まった。何度も練習を積み重ね綿密なリハーサルをして臨んだ舞台なのに、いざ本番では強力なライトに照らされ、会場一杯の人々の顔を目の当りにしたとたん心臓はドキドキ、足はガクガク頭の中は真っ白、意識モウロウの中で体だけは音楽に合わせて動いている…。
「どうして自分がこの舞台に立っているのだろうか?」半年程前、「健康の為に体操をやろう。男性も参加している教室が出来たよ」と妻に誘われて行ったのが、初級真美教室。私とほぼ同年輩の二人の男性が女性達に囲まれてストレッチの真っ最中。早速私達夫婦も加わり、
 少し汗ばむぐらいの爽快さに満足する。この教室は天理市の健康教室終了後、引き続き健康体操に取り組めるようにと、西田先生が数ケ月前に開設されたとのこと。教室名は気楽に嬉しく楽しもうと「気キ楽ラ嬉キ楽ラクラブ」と命名、早速発表会にも参加しようと乗りのりのメンバー達。歌と動きを覚え、服装も揃え練習を繰り返すうちに、声も大きくなり笑顔があふれ、だんだん体もしなやかになっていく。
 「しんびスマイルフェスタ2014イン奈良」。こんな出会いで発表会に参加するのはもちろん、舞台を見るのも初めての私。山崎会長のオープニング朗読に続いてジュニアから主婦層、高齢者らの会員が華麗な舞台衣装で音楽に合せて次々に登場。祖母、母、子の三世代のほほえましい発表や、30年以上の会員さんの熟練した演技に魅せられ、インストラクター創作ダンスに圧倒される。
 真美体操の間口の広さと奥行きの深さを堪能し、エネルギーを貰った発表会でした。「還暦は自由な人生のスタート」。
 真美体操と出会い、はじめは週一回ストレッチ体操で十分満足だったのに、半年後には初舞台。「あんなに心臓がドキドキしたのは、小学校の学芸会以来何十年ぶり?」とはしゃぎながらも、「次はどんな舞台が待っているのだろう!」と期待に胸を躍らせている仲間達。
 私の還暦からの自由な人生が真美体操とともに広がっていく夢を楽しんでいます。

奈良支部 西田教室
戸田 忠志