九州地区本部

私は元気‼

 地区の健康体操の集まりがきっかけで馬渡先生の真美体操教室に還暦を過ぎた頃参加させて頂き気がつけば大々台を越える年令になりました。
 その間私達生徒全部の健康状態、体調などを把握してくださり時には厳しく時には優しく御指導くださるので、他の教室の人達と一緒に動いても世間一般の同年輩の方々よりは体の反応力がましなのでは?などと自負するこの頃です。
 何れにしても続ける事が第一と思うにつけ、精神面でも何かと気を使ってくださる先生と和気あいあいの笑いのたえない仲間といつまでも続けたいと願ってます。

長崎支部 馬渡教室
田中 順子

 真美体操を始めて20年、背骨と大腿骨の手術を2回しましたがその快復の早い事「86才良く頑張るね」とお医者から誉められました。これも馬渡先生のおかげと感謝しています。「体を引きしめて直立」を毎回根気よくおっしゃいます。
又日頃の会話に「食事の大切さ、服装の上下のバランス、口角をあげ明るい笑顔」等々、心も体もやわらぎ知る喜びを味わいます。教室は何時も笑いの渦です。真美の皆さんにやさしくしていただきながら「自分は若い」と人生を謳歌できるのも先生のご指導のたまものです。
 これからも尿漏れせず杖もつかず口紅つけて愛野の町を闊歩します。

長崎支部 馬渡教室
松浦美代子

親子三代楽しんでいます

 私が、吉田先生の教室へ通い始めて、8カ月が経とうとしています。最初は、先に始めていた母が楽しく続けている体操教室の様子を聞いていると引っ込み思案の娘に夢中になるものがみつかれば、気持ちの成長がみられるかもしれないと思い、母の通う教室を見学に行ってみようと誘ってみたのがきっかけでした。娘に勧めていたつもりが見学の途中でやる気になっていたのは私でした。
 20代で出産し、子育てに追われていた日々は、自分の自由な時間も少なく無我夢中でしたが、娘、息子も小3、年長と少しだけ落ち着いてきた今、自分の為の時間がまた日々の子育てや仕事への頑張ろうの気持ちに繋がるのではないかと思える余裕が出てきました。
体を動かして汗をかいて楽しい!やりたい!と次の練習から入会をきめました。娘もすぐに子供教室入会を決め、初めての練習へ参加して帰ってきた娘は「みんなすごいんよー」と目をキラキラさせていました。
 仲間であり、良いライバルが出来て少しいつもと違う娘にみえた日でした。そしてこれが親子3代、共通の楽しい時間の始まりです。体操に通い始めて半年、広島フラワーフェスティバルで娘の初舞台がありました。
 人前で踊る事に不安で緊張ぎみでしたがお化粧した時点でテンションがあがり泣き虫の娘が笑顔で堂々と踊っているのを見て、家族全員感動しました。一番嬉しかったのは、練習の時に一度だけ出来た倒立ブリッジ。本番で出来なかったけど、最後まで顔色変えずに踊りきった事、今までの娘なら泣いていたと思います。
 それからの毎日練習を重ね、出来なかった倒立ブリッジも出来るようになりました。続ける事の大切さを学び、自分への自信を大きくしていって欲しいと思います。
 体操を始めて良かった。親子三代、楽しみながら続けたいと思います。毎日、楽しく過ごせる事に、感謝‼

広島支部 吉田教室
浜本 美鈴(55才)
菜見(29才)
優菜(8才)

今の自分を維持するために‼

 夜の坂の上教室は、出来て5年になります。最初の茜先生は結婚されて沖縄に行かれましたが、3年程お世話になりました。竹迫先生は支部長さんでもあり、とても元気な先生です。
 仕事の後なので時間通りに始められない事が多いのですが…、平均年齢55才以上、7名の生徒で頑張っています。肩があがらない、腰が痛いはいつもの事で、リズムがずれる、左右が解からなくなるのはあたり前。今日はディサービスかと思う日もあります。そんな時は私は大丈夫?と思いながら笑ってごまかしています。「田中さん、背中が曲がってるよ。貴嶋さん、腰のふりすぎ」。先生はよく声をかけてくれます。すぐにかけよって「こうだよ、大丈夫?今日はうまいがね」、と一人一人大事にされてるクラスだと思います。

 こんなクラスですが、私達は5年間、毎年〝おはら祭り〞に参加しています。今年ももちろん出ます。これ以上はなかなか望めませんが「継続は力なり」で、このままずっと維持出来ればと思っています。先生よろしくお願いします。

鹿児島支部 竹迫教室
田中 靖子