仲間との絆

 
 今年の春から新型コロナで世界中が騒然とし、コロナ一色の寒々とした日々でした。
未だに終束はしていませんが酷暑の夏も、ぬけるような青空の秋もいつのまにか過ぎさり、参加予定の行事は全て中止となリ、何か地に足のつかない日々でしたが、近頃は少し落ち着いてきたようです。
 
 マスク着用、大声禁止、間隔をとってではありますが、教室も再開出来てスタジオは笑顔満開です。
 皆さんそれぞれ時間がたっぷりあったので自分を見直す機会になったのでは?・・・
 
 そこで自分を振り返ると、教室を始めたのが40年前、スタートは福岡でした。その後関東に転居し身体が喜ぶ体操を続け、元気に現在に至っていると言うことは真美のお陰と言うしかありません。
 
 創立40年記念大会が昨年盛大に行えたのも、真美が持っている何か大きな力を感じました。今年だったら絶対に出来なかったことでしょう。
 
 今は感染予防対策に気をつけながら、会話を楽しみ身体を動かせる喜びを再確認出来ることに感謝しています。このような辛いことがあったからこそ仲間の大切さ、思いやり、絆が一段と深まった気がします。

 みんなで今を大切に明るく生きることにチャレンジしていきましょう。
 
関東地区本部
代表 鈴木万里子