関東地区本部

 

真美と趣味でまだまだ頑張れる

 
 今年喜寿を迎える私は、真美体操を初めて年。人生の半分以上を体操に助けて頂きました。それが3月からコロナ自粛でクラブでのレッスンが出来なくなり、友人達ともスマホでの連絡だけになりました。
 ようやく7月から週一回のレッスンが、少し不安ながらも出来るようになりました。吉原先生の明るい元気な声が、私達の体を動かす力になっていることが改めて分かり、少しずつ体が軽くなっていくように感じています。この4ヶ月間、家で音楽をかけても一人では長続きせず、ボーと一日が過ぎていました。
 私が少し行なった事とは背中をシャンとして分間の瞑想と、家の中を力を抜きウロウロ歩く事だけでした。
 40年前、地域に公民館が出来たのがきっかけで夜の教室に入会しました。競技は苦手でしたがダンスは好きだったので、真美体操が私に合っていました。体操のお陰で肩こりも楽になりいつも楽しい時間でした。
 昨年の40周年記念祝賀会に出席し、全国の皆さま方の熱い思いを感じ、とても嬉しい楽しい一日でした。
 また、福岡での20周年記念大会は、私も周りの方々も元気いっぱいの一日で忘れられない思い出です。

 
 60歳で退職し、趣味の茶道、旅行、オペラ鑑賞、街道歩きと続いていましたが、夫が亡くなり77歳が近づくにつれて自分の体のことと老後の事が気になり初めていますが、長く続けてきた真美体操と茶道があり、まだまだしばらく頑張れそうです。
 
関東地区本部 千葉支部
吉原教室 青山道子
 

文化祭ではじけたぞ〜‼

答えは ◆編集後記◆にあります