北陸地区本部

 

コロナ禍の中で

 
 昨年までの生活が、まるで夢だったような今年の生活。今まで当たり前だった事が当たり前ではなく、本当にありがたいことだった事に気づかされました。

 3月から5月までの教室休講に改めて体を動かせる素晴らしさを実感しました。近くの山歩きはずっと続けていましたが、それだけでは心も体もスッキリしないのです。週3回のレッスンで如何に体のあらゆる部分を動かしていたか、改めて思い知りました。また、仲間がいて集える喜びも実感しました。
 6月からはマスクをして、検温、換気に気をつけレッスンしています。今は友人が紹介してくれたフェイスシールドを使用し、公民館のマットは使わず、マットも各自持参です。終了後は毎回使用したものをアルコール消毒して帰るようにしています。
 もう後戻りは出来ません。これからも各自が手洗い、うがい、マスク、検温を徹底し、換気にも十分気をつけながら、仲間が集まれることに感謝しながら続けて行けたらと思います。
 
北陸地区本部福井支部
インストラクター 八田 裕古